東大阪市瓜生堂にございます、泌尿器科・内科のつじかわ医院です。近隣の総合病院とも連携しております。安心して受診してください。
 医療法人爽健会 つじかわ医院

 泌尿器科・内科

 〒578-0946
 東大阪市瓜生堂3丁目1-11

 TEL .06−4307−5817

  
病気について

  急性尿道炎
 ◇どんな病気?  男性に多い尿道の細菌感染です。女性ではまれです。男性の急性尿道炎はほとんどが性感染症(STD)です。
 
 ◇急性尿道炎の要因は?  性行為の際に菌が尿道に入って感染します。菌を持っている相手と性行為をすると必ず感染する訳ではありません。相手が持っている菌の種類や量によっては1回では感染しないこともあります。細菌の種類 クラミジア(最も多い)、淋菌(次に多い)その他の一般細菌: 腸内細菌(大腸菌、腸球菌など)、皮膚や粘膜の常在菌 通常の検査では確認困難な菌: マイコプラズマ、ウレアプラズマなど 1種類でなく数種類の菌が同時に見つかることもあります。
 
 ◇どんな症状?  排尿痛、尿道の違和感、尿道から膿(うみ)が出る。膿の色は、黄色、白色、比較的透明など様々です。膿は尿道からたくさん出ることもあれば、下着に少し付く程度のこともあります。足の付け根のリンパ節が腫れて痛む 感染していても全く症状がないこともあります。最近は、パートナーが感染していて知らされたり、奥さんが妊婦健診でクラミジア感染を指摘されて受診する方が増えています。
 
 ◇検査は?  診察と尿の検査で診断できます。尿道に直接綿棒を入れて検査をすることはほとんどありません。尿検査: 尿中に白血球(炎症細胞)が増えていないかどうか顕微鏡で確認します。15分程度で結果が出ます。尿細菌培養検査: 一般細菌を調べます。結果まで4日間かかります。クラミジア、淋菌のDNAあるいはRNA検査: 尿で確認できます。感度が非常に高く、結果は3日で出ます。クラミジアの血液検査は診断の助けにはなりませんので行っていません。
 
 ◇治療は?  抗生物質の内服。菌の種類によって抗生物質の種類を使い分けます。淋菌性尿道炎: 内服薬では効果が不十分なことが多く、注射が必要となります。ほとんどの場合1回の注射で治癒します。通常1-2週間、2-3回の通院が必要です。クラミジア尿道炎: 内服薬1-2週間服用。1回だけの服用(大量投与)で済む抗生物質もあります。治癒確認が必要ですので通常3-4回の通院です。
 
 ◇予防方法は?  複数あるいは不特定のパートナーとの性行為時には常時コンドームを使用する以外に予防法はありません。特に風俗ではリスクが高く予防しきれません。感染しなければ幸運だったと思って下さい。一般の女性ではクラミジアに感染していても症状がないことが多いことを念頭に置いて下さい。予防的に薬を服用することには全く意味がありません。
 
     
医院のご案内  Information
   
 初診の方へ  保険証を必ずご持参ください
診療時間 日・祝
午前診
9::00〜12:30
午後診
4:00〜 6:30
〒578-0946 東大阪市瓜生堂3丁目1-11
   TEL .06−4307−5817
   E-mail. info@tsujikawa-clinic.com
Copyright 2013 tsujikawa-clinic All rights reserved.